ホームすべてのプロジェクト諫山元貴「Objects #7」

project

諫山元貴「Objects #7」

Genki Isayama "Objects #7"

(参考)EUREKA 展示風景2020

(参考)《Objects #4》 PHOTO HOMMA Mihoko

(参考)《Order #3》 PHOTO TSUZUKI Toru

プロジェクト概要

広島市在住の作家、諫山元貴は「崩壊と複製」をキーワードに、制御できない出来事によって物質が変化していく様子や瞬間を、映像や立体で表現しています。広島駅南口地下広場のショーウィンドウで展開するインスタレーション《Objects #7》の展示を皮切りに、市内いくつかの場所で作品発表を展開します。

アーティスト・プロフィール

諫山元貴(いさやま・げんき)

1987年大分県生まれ、広島市在住。2009年京都造形芸術大学美術工芸学科総合造形コース卒業後、2011年広島市立大学大学院芸術学研究科博士前期課程修了。 2014年吉野石膏美術振興財団在外研修助成にてベルリンに滞在、Studio Haegue Yangのレジデンスプログラムに参加 。主な展示、受賞歴に「Dummy」(EUREKA、福岡、2020)、「NONIO ART WAVE AWARD 2019」グランプリ、「ゲンビどこでも企画公募2019」(広島市現代美術館)入選・観客賞、「BankART LifeⅤ~観光」(BankART Studio NYK、横浜、2017)、「Sights and Sounds: Japan」(The Jewish Museum、NY、2016) など。
https://g-isayama.tumblr.com/

関連展示/イベント

ページのトップへ戻る