ホーム開催中&これからどこかで?ゲンビ フェルナンド・ボテロ 《小さな鳥》

program

展示

どこかで?ゲンビ フェルナンド・ボテロ 《小さな鳥》

2022年7月9日(土)~12月中旬

広島県立美術館 1階ロビー(広島市中区上幟町2-22)

フェルナンド・ボテロ《小さな鳥》1988

フェルナンド・ボテロ《小さな鳥》1988

「どこかで?ゲンビ」の一環として広島市現代美術館のコレクションのひとつ、フェルナンド・ボテロ 《小さな鳥》を広島県立美術館1Fのロビーで紹介します。南米コロンビア出身のボテロ(1932- )は、20歳でヨーロッパに渡り古典作品から多くを学びました。やがてボリュームゆたかな形態で対象を描く方法を発見し、独自のスタイルを確立。1970年代からは彫刻の制作にも本格的に取りくみ、本作のような愛らしい動物や人物をたくさん手がけました。

会期|2022年7月9日(土)~12月中旬
開館時間|9:00~17:00
休館日|月(祝休日、特別展によって会期中は開館)、年末年始(12月25日~1月1日)
会場|広島県立美術館 1階ロビー(広島市中区上幟町2-22)
主催|広島市現代美術館、広島県立美術館

※観覧無料
※新型コロナウイルス感染症の状況により会期等変更となる場合があります

・関連展示

広島県立美術館・広島市現代美術館合同企画
ケンビとゲンビの作品を並べたら、美術についての疑問が解ける(かも)展
会期|2022年10月29日(土)~2023年1月22日(日)
会場|広島県立美術館(広島市中区上幟町2-22)
観覧料|一般510(410)円/大学生310(250)円/高校生以下無料 ※( )は20人以上の団体料金
https://renovation2023.hiroshima-moca.jp/program/dokokade_kenbi/

ページのトップへ戻る