ホーム開催中&これから

開催中&これから

開催中

展示

横山裕一:「実施しろ」「何をだ」 まちなか編

2021年8月1日(日)~2022年3月頃

広島市内中心部

疾走感のある描線や独特なキャラクターたちの繰り広げるナンセンスな会話等で「ネオ漫画」とも称される横山裕一の作品が、広島市のまちなかに登場。商店街の懸垂幕、お店のシャッター、はたまたバスの車内やエレベーターの壁面まで、様々な場所に飛びだします。

VIEW DETAIL

展示

ヒスロム「現場サテライト」金座街懸垂幕

2021年12月27日(月)~2022年4月下旬

金座街商店街の懸垂幕

アーティスト・グループ「ヒスロム」が、休館中の美術館を探索し、改修工事によって姿を変えていく現場と関りながら、様々なアクションをしかける長期プロジェクト「現場サテライト」。解体前のアプローチプラザでおこなったアクションの一場面を金座街懸垂幕で紹介する。

VIEW DETAIL

開催予定

ワークショップ

ゲンビアートクルーズ~みつけて、こすって、アートと出会う冬 ※延期

2021年8月19日(木) 2022年1月22日(土) 13:30~15:00

市内の公民館(全12施設)

ウィズコロナのいま、オンラインで様々な文化体験ができる「ひろしまリモート探偵団」。第2弾は“ゲンビ”の愛称で親しまれる「広島市現代美術館」。今回は子どもたちに向けて、工事中の美術館をオンラインで探検したり、身近な素材でアートを体験したり。美術館をみんなの町の公民館とつないで、ゲンビの魅力に迫ります!

VIEW DETAIL

展示

どこかで?ゲンビ ビデオアート編 原田裕規 ※延期

2021年9月14日(火)~9月26日(日)

広島市現代美術館・鶴見分室101

「どこかで?ゲンビ ビデオアート編」第2弾では、幅広い視覚文化を対象とした調査、思索に基づき、作品制作のみならず、執筆、キュレーションなど多彩な表現方法を採用し、ユニークな活動を展開する作家、原田裕規を紹介します。

VIEW DETAIL

上映会

トヨダヒトシ「映像日記/スライドショー」 ※2022年春に延期

2021年10月16日(土)、17日(日)

広島市現代美術館・ムーアの広場

写真をプリントせず、35mm フィルムによるスライドショーのみで発表する異色の写真家・トヨダヒトシによる作品上映が広島で実現。作家自らがアナログのスライド映写機を操作し、屋外空間に設置されたスクリーンにスライドフィルムを…

VIEW DETAIL

ページのトップへ戻る